<< 「京都十景」第2集(2008)...  FMラジオに出演しました >>

ようやく完成、オリジナルタロットカード大アルカナ22枚

今日で最後のお仕事となるであろうプリンター(買い替えの為)に最後の仕事をして貰いました。
明日、ドキドキ9年振り、Macintoshのお引っ越し作業。救世主の友人がきてくれる予定です。
私の今年に入ってからの情緒不安定は、この処理のことがいつも頭にあったからと思われます。
b0182223_20552417.jpg
ようやくできあがりました、タロットカード22枚。
プリントしたらシートでコーディング。背にはる素敵なシートが見つかるといいな。
このカードは世界に一つしかないオリジナルタロットカードになりますが、
2セット作って、監修してもらったルナ様にも1セットプレゼントする予定。
自らがインスピレーションを得て描いたカードなので、
神秘の力が増して、的中率も倍増してくれることでしょう。使うのが今からとても楽しみです。

春から始まる(ルナ様の収録はすでに済んでいますが)テレビ出演には、
このカードを使って、皆様をどんどん開運に導いていこうと、今からウキウキしています。
↓↓↓
✴︎テレビ出演
2018/4から 『ほっとネット☆ベイコム』にて占い+グルメのコーナー始まります
5月から吉田ルナ+片岡れいこが隔月でレギュラー出演します。
毎週金曜 夕方4:45
【再放送】金 夜7:45/土・日 昼11:45/月 夜7:45~/火 昼12:00
私は5月からの奇数月を隔月で担当する予定。
12星座ランキングやラッキーグルメを楽しく占って行ければいいなと思っていますが。


そもそも私が、タロットカードなんて…まず人物のイラストなんて描くつもりも無かったことなんですが、
著書である「人間関係を占う癒しのタロット」では初めてのタロットカード宮廷札16枚を制作。

どうしてこんな事になったかというと…
スカウトしていたイラストレーターが体調や実力を理由に辞退した。
編集に撤したかった私が、仕方なしにペンを握った。
芸大で版画に出会う迄、漫画一筋だった私、人物はどうしても漫画になるから避けたかった。

漫画ってこう、線をキレイに描こうとか、上手に描こうとするんだけど、
絵って逆に、線ではなく「心で描く」てところがあるんですよね。
ディテールに拘るとどうしてもマンガチックになって心が伝わってこないというか…
心で描くと、線は結構曖昧で崩れていたりするんだけど、生きて来るんですよ。わかりますかね?

そんなイラストを描きたくて、何度も描画を繰り返したりしました。
すると段々楽しくなって…私が描く人物はこんな風になるんだ…て新たな発見をしたり。

拘るものは幾ら頑張っても手に届かず、避けて通ろうとしてもしなくちゃいけないハメになるもの…
人生どうなるか分かりませんね。人との縁に揺り動かされてどこかへ繋がっていくような気がします。
その先がどこかは分からないけど、とにかく目の前に居てくれる人達を大切にしたいと、いつも考えてます。


[PR]
by diamondchichi | 2018-03-31 21:21 | オリジナルタロットカード
<< 「京都十景」第2集(2008)...  FMラジオに出演しました >>