<< ニコラに関わってくださった皆様に感謝 青森版画トリエンナーレ、開催中です。 >>

クリスマスの贈り物

キリスト教徒ではないので、恋人でもいない限り(いたとしても)別段特別な意識が有る訳ではないのですが、それでもふと気づくと終わっていた年があると思えば、思わぬプレゼントを貰ったり、忘れられない思い出ができたりするのも、やっぱりクリスマス。

子供の頃、大人が開いてくれた楽しいクリスマスパーティの思い出が忘れられず、私の子供にも毎年の様に「あの時の興奮を伝えたい」と、あの手この手のクリスマスパーティを催してきた結果、中学になった長女は親の手を離れてからも、まんまと私の思惑通り、友達同士でクリスマスパーティーを開催している様子。
元もと娘達が仏教保育園であった事もあり、親が何かしない限り「クリスマス」の存在事態スルーしてしまう幼少時代になりかねない、と思ったのがきっかけで、長女が0才の時から始め、13回目の今回は、小学校になった次女の番。果たして私は通算何回主宰するのか?と問いつつ、今年のパーティーも大盛況でありましたが、段々と手抜きしている自分自信も認めざるを得ないのです。
保護者のお父さんにサンタに扮してもらいプレゼントを配ったこともあったな。親子で楽しむビンゴゲームも無くなったな。クラッカーもゴミになるからいつしか省かれて、持ち寄りのディナーがいつしか、持ち寄りスナック菓子になってるし、シャンベリーの演出も省いてる。。。
こうして歳を取る毎に、段々人ってシンプルに無駄が少なくなっていくのですね。。。

私が受け取った今年のクリスマスのプレゼントは、どうやらお仕事だったようです。思い起こせば、今年の前半、一番欲しかったのに思う様に行かなかった複数の願い事が、このクリスマスに動いた様な気がします。私が一番欲しかった物って仕事なの?今更判り切った事を。。。

そんな中、京都で最も趣きのある聖アグネス教会のミサに次女と参加し、ちょっぴり厳かなひとときを過ごす事ができました。
毎年、子供の枕元プレゼントをくれるサンタお父さんとも受け渡しの為に一瞬会いました。

でも実をいうと、一番嬉しかったことは、大切な人から、素敵なカードが送られて来た事です。
b0182223_1436286.jpg

来年はこれらのいただいたプレゼントを大切に自分のものにして行く事と、素敵な人との出会いや新しい広がりがありますように、、、。

b0182223_23243220.jpg

★片岡れいこイラストガイドブック『トルコ世界遺産と文明の十字路を巡る旅』『イラストガイドブック京都はんなり散歩』『イギリスへ行きたい!』『カナダへ行きたい!』全国書店にて発売中

★[京都のグラフィックデザイン・ホームページ制作・出版・版画]アトリエニコラ公式HP

★IYC京都五条クラスではんなりヨガ講師してます…毎週金曜日18:30〜スローフローヨガクラス

人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by diamondchichi | 2010-12-25 14:36 | ニコラ、破天荒な毎日
<< ニコラに関わってくださった皆様に感謝 青森版画トリエンナーレ、開催中です。 >>