<< アルツと行く日帰りツアー、びわ... 『イギリスへ行きたい!』がミス... >>

ポーランドの招待作家の方々と大和路

開催中のKYOTO版画2010「日本・ポーランド国際版画展」開催(京都市美術館別館)
に招待をしたポーランドのお偉い方々を大和路へ接待してきました。仕事がヒマなのと、食事が会からまかなわれるということで、先日の京都案内に続いて、鋭気を養いがてらの連日参加です。しかしポーランドの方はマイペース、事前に組み立てていたスケジュールはしょっぱなから誤算の連続。最後まで何が起るかわからない、楽しい(?)日帰り旅行でした。

朝10時に近鉄駅前でチケットを買って待機していたニコラ。待てど暮らせどホテルからやってくるポーランドの4人と日本の2人が来ない。結局電車を30分遅れて出発〜。なんでも昼から参加するマルタさんへ携帯を渡すのに手間が掛かっていたそうです。

さあ、奈良へ出発〜。
もう既に昼前ですが、国宝観、東大寺、大仏を見てさあ集合、、と思えばみなさんお土産物からはなれない。やと集合、とおもいきや2名の方が行方不明、あれあれ〜、探しに行ったら反対方向からやってきて、どこに行ってたの?と、30分のロスを経て、2月堂からチャーターしていたタクシーに乗って、マルタをお迎え、、、と思ったら、1人が神主のサインを記帳求められて約15分のロス。

その後待ちくたびれたマルタの元へ、と思ったらまた駅の中ですれ違い。その間にニコラは駅前でレストランの予約、2時過ぎから入れるお店をやっと見つけて、マルタも見つけて、ようやく和風御膳を堪能。。。ポーランドの方々の「デリシャス!」の一言に救われ。。。

ず〜っと外で待っててくれたタクシーの運ちゃんのとこまで行くと、後ろからだれもついてこない。聞くと、コーヒーを飲みたいの出そうで、、、欧州の人は食後のコーピータイムも大切だもんね。ということでそのコーヒー店に行くとだれもいないよ〜!必死で商店街をさがしたら、あ、となりのお土産物やさんで色々買ってる。。。外国人にとってお土産も珍しいものばかりかもしれないもんね。。。その後コーヒータイム。しかしすでに夕方に近いのに、タクシーの運ちゃんは何も役割を果たせず、気をもむのでありました。

5時の特急には必ず乗って帰らなければならず、最後のラストスパートで運ちゃんは春日大社はじめ、できる限りの穴場スポットを小刻みに廻ってくれたのですが、最後に立ち寄って小さな神社でまた一人が記帳を始めると皆がつられて10分、20分、、、電車がヤバい!「欧州とは違って日本はジャストタイムに電車が来るのでね〜」と苦笑しながら、マイペースな人々を乗せて、イラチの日本人は焦りながら駅へ。最後の池でまた
(ポ)「写真をとるから泊まってくれない?」
(日)「もうダメ〜、No!」
で、駅に走り込み、ようやくチケットゲットで電車に滑り込みセーフ。この次の30分後の電車では、一人間に合わない方がいたからなのですが、、「焦らず生きる」ってやっぱうらやましいな〜。ニコラの小こさを再確認する一日でした。

けれど、みなさん満足してくださって、はじめは気を遣うな〜、と懸念していたのだけれど、人に喜んでもらえるって、それ以上の満足感がある、ということがわかりました。

b0182223_23243220.jpg

★片岡れいこのイラストガイドブック『トルコ世界遺産と文明の十字路を巡る旅』『イラストガイドブック京都はんなり散歩』『イギリスへ行きたい!』『カナダへ行きたい!』全国書店にて発売中

★[京都のグラフィックデザイン・ホームページ制作・出版・版画]アトリエニコラ公式HP

★IYC京都五条クラスでゆるりとヨガ講師してます…毎週金曜日18:30〜スローフローヨガクラス

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ 

[PR]
by diamondchichi | 2010-06-14 13:05 | ニコラ、破天荒な毎日
<< アルツと行く日帰りツアー、びわ... 『イギリスへ行きたい!』がミス... >>